皮脂トラブルケア~30代の私に何が良い?ライスパワーNo.6?

肌ってトラブルに見舞われるとたいへん!!

特に今回は皮脂トラブルに襲われた30代の主婦のストーリーをご紹介。

皮脂トラブルのケアに彼女がたどり着いたのは・・・・

ライスパワーNo.6という成分のようですが・・・

まずはお読みくださいませ。

スポンサーリンク

20代前半まで問題なかったわたしの肌が・・・

 

こんにちは。

肌トラブルに悩むアラサ―主婦です。

仕事をしながら育児や家事の両立を行うにつれて・・・

いつの間にか肌のケアを怠っていた私。

 

20代前半の頃までは・・・

肌の手入れをしなくても比較的綺麗な方だと思っていたのです。

がしかし、20代後半を過ぎると・・・

徐々に・・・

肌が荒れていく

のを実感しました。

 

どんな風に荒れたのかというと・・・

スポンサーリンク

30代目前、私の毛穴が・・・

 

私がまず初めに気付いた肌トラブルは・・・・

「毛穴の開き」。

 

鏡を見ると・・・

目の下から頬を中心にぱっかりと開いた毛穴が・・・

いつの間にかたくさんっっ!!

できておりました。

(;_;)

 

いくらファンデーションを塗っても・・・

毛穴の開きはカバーされませんでした。

 

この毛穴の開きが原因で・・・

周囲からは一気に・・・

+10歳くらいまで

老けて見られるようになったのです。

 

さらに問題はやってきました。

スポンサーリンク

30代目前で大人ニキビって・・・

 

そして次に気付いた肌トラブルは・・・・

おでこや頬にできる

「大人ニキビ」。

正直言うと・・・

10代の頃の方がニキビができる回数が少なかった

今までニキビに悩まされたことはほとんどありませんでした。

(;_;)

しかし社会人になってからというものの・・・

繰り返す大人ニキビを見つけては毎回溜息をつくようになったのです。

 

スポンサーリンク

原因は皮脂トラブルでは?

 

どんなに良い化粧品を使っても一向に改善されず・・・

これは加齢のせいなんだと諦めていたのです。

が、しかし!!!

どうやら・・・

「皮脂由来の肌トラブル」

に関係があることが分かったのです。

 

○皮脂由来の肌トラブルって何?

肌の潤いを保ったり美しい肌の状態を保つのに欠かせない皮脂膜は、皮脂や汗などが混ざり合ってできていると言われています。

皮脂はよく忌み嫌われがちですが、抗菌作用やバリア機能、肌を弱酸性に保つ上で非常に重要なのです。

しかしニキビや毛穴の黒ずみ、角栓などに悩まされている方は・・・

皮脂が過剰に分泌し毛穴をふさぐことで発生!

そのため、こうしたトラブルを解消するためには・・・

皮脂の分泌量をコントロールする

必要性があるのです。

 

スポンサーリンク

皮脂トラブルの対策にライスパワーNo.6がいいの?

 

皮脂の量を抑えるために・・・

油取り紙やピーリングジェル等で応急処置される方もいらっしゃいます。

しかし、それは一時的なものにすぎず根本的な対策が必要となります。

 

今まで私は皮脂を取り除く洗顔や化粧水などを使用してきました。

でも、繰り返す大人ニキビができていたのは・・・

こうした一時的な処置しか行っていなかったことが原因だったのでしょう。

私はどちらかというと・・・

オイリー肌で特に夏場なんかは鼻やおでこを中心に・・・

テカりやすい肌質でした。

そのため皮脂の分泌が多いのは仕方のないと思っていたのです。

しかし、30代突入前に一度根本的な肌トラブル改善を行う化粧品(皮脂の分泌そのものを抑制することに着目した化粧品)を探すことにしたのです。

そして・・・・

ライスパワーNo.6という成分を知りました。

 

スポンサーリンク

ライスパワーNo.6ってなに?

 

ライスパワーってエキスがあるんですね。

どうやらライスパワーNo.6っていうのが皮脂トラブル改善に役立つことを突き止めました。

 

ライスパワーって言うくらいですから・・・

もちろん主食であるお米からできています。

このライスパワーエキスってのが全部で36種類もあるんだそうです。

米のエキスですから、人体への悪影響も無く安心できるわけです。

 

その効能は・・・

「肌を乾かさずに

皮脂分泌を抑制できる」

というから私にとっては夢のような成分。

 

ニキビから炎症、肌荒れ、老化、体臭まであらゆる肌トラブルに働きかけるんです。

このライスパワーNo.6って成分の入った化粧品を探してみることに・・・

わたしの皮脂トラブル改善の旅は続きます。

 

(寄稿:アラサー女子さん)

アラサー女子さんの奮闘記はまだまだ続きます。

次話へつづく