女性用育毛剤で医薬品ってどうなのか?副作用を心配する必要は?

女性用育毛剤にも男性用と同じく医薬品と医薬部外品があるんです。

これどう違うんでしょうか?

そして、医薬品を使うって事は副作用の心配はあるのでしょうか?

このへんを探ってまいります。

スポンサーリンク

医薬品と医薬部外品って違うの?

 

メーカーが、勝手に医薬品とか言ってるわけではありません。

厚生労働省が何が「医薬品」で、何が「医薬部外品」かって言うのを決めてるんですね。

そのための判断基準があるってことです。

 

実はもうひとつランクがあって、それが・・・

「化粧品」です。

なので、現行の薬事法によりますとこの3つ。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

では、それぞれのご説明を!

医薬品とは?

 

基本的には、病気の時に使うものですよね。

風邪薬とか、胃薬とかはたいてい医薬品です。

厚労省が、効き目のある有効成分を決めているので、それを使用したお薬ということ。

 

ですから、必要以上に飲んだりすると体によくありません。

用法、容量を守る事も大事ですね。

当然、医師の処方が必要なものと、薬屋さんで気軽に購入できるものとがあります。

 

医薬部外品とは?

 

病気の治療とまでは、いかないのが医薬部外品です。

病気に対する、未然の防止や衛生管理といった事が主流。

ですから、体に優しく働きかけますので副作用といった心配はさほどありません。

 

基本的に、厚労省の認可した有効成分で製造されておりますので安心して使用できます。

「薬用」という表現も、医薬部外品で厚労省に認められている表現ですよ。

化粧品とは?

「化粧品」とは・・・・

もうご存知ですよね。

医薬部外品よりも、更にずっと軽い作用をもたらすのが「化粧品」です。

清潔にすることや、美化することに特化しています。

 

基本、ほとんどの育毛剤は医薬部外品です。

ですから、それほど危険なく試すことができます。

育毛剤の医薬品ってあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

育毛剤の医薬品といえばリアップ!

(出典:大正製薬公式サイト)

 

男性用リアップは幾つかありますが、女性用はこのリアップジェンヌですね!

男性用を使ってはいけませんよ。

医薬品として認定されているミノキシジル5%配合されており、女性にはきつすぎるのです。

 

リアップジェンヌはこのミノキシジル1%配合されてます。

 

このミノキシジルってのがキツイ訳です。

最初は、高血圧用の薬として開発されたものです。

ところが、発毛の副作用があることがわかったんですね。

 

でもんで、これを逆転させ発毛剤として売り出します。

しかし、もともとの目的であった高血圧薬剤の作用も当然及ぼします。

ですので・・・・

副作用が心配なのです。

スポンサーリンク

医薬品リアップジェンヌの副作用について

(出典:リアップジェンヌ公式サイト)

 

皮膚にかゆみや発疹が出る可能性は結構あるみたいですよ。

さらには、血圧の薬ですので、血圧に影響を及ぼす事は・・・

もちろん、内服するわけでなくわずか1日2回、1回1mLを頭皮にぬるだけですのでそれほどの影響は考えにくいですけど。

敏感な方もいらっしゃるかも?

 

購入時にはとりあえず薬剤師さんと良く相談したほうが無難です。

例えばリアップジェンヌ公式サイトには、以下のような方はまず医師と相談するように勧められています。

 

  • 今までに薬や化粧品などによりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
  • 高血圧の人、低血圧の人。(本剤は血圧に影響を及ぼす可能性が考えられます。)
  • 心臓又は腎臓に障害のある人。(本剤は心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性が考えられます。)
  • むくみのある人。(むくみを増強させる可能性が考えられます。)
  • 家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人。(壮年性脱毛症の発症には遺伝的要因が大きいと考えられます。)
  • 高齢者(65歳以上)。(一般に高齢者では好ましくない症状が発現しやすくなります。)
  • 次の診断を受けている人。甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)。(甲状腺疾患による脱毛の可能性があります。)

 

ちょっと慎重になりますね。

まずは、ミノキシジルの使用前に育毛クリニックの先生などに状態を尋ねてみるのも良いかもしれません。

近くにこういうところがあると良いんですけどね。

横浜中央クリニック
女性の薄毛・抜け毛対策 発毛・育毛の治療

 
そして、使うのを止めると・・・・

スポンサーリンク

医薬品は使い続ける必要がある?

リアップジェンヌに限ったことではありません。

ミノキシジルとはそういうものなんです。

どういうものかって?
使うのを止めるとまた薄毛に戻ってしまうってこと。
これは、キツイですね・・・
これは、リアップジェンヌの公式サイトでも述べられています。

効果を維持するには継続して使用することが必要で、使用を中止すると徐々に元に戻ります。

 

効果が現れるまでにはどのくらいかかるのでしょう。

再びリアップジェンヌ公式サイトから抜粋です。

 

毛髪が成長するには時間がかかります。効果がわかるようになるまで少なくとも6ヵ月間、毎日使用してください。
(本剤の有効性は6ヵ月間使用した場合に認められています。)

 

ですので、少なくとも6ヶ月。

その後も、使用を止めると発毛も止まる。

延々と使い続ける必要があるのです。

 

これ一体いくら掛かるのでしょう。

1年使い続けた場合として計算してみますと・・・

毎月1本(60ml)5,220円×12本=6万2,640円

年間6万以上が出費となります。

 

それならもっといい方法はないのかな?

スポンサーリンク

医薬部外品でも生える人は生える!

 

かならずしも医薬品でないと頭皮が改善されないという事はありません。

確かに、効き目があるぶん副作用も大きくなりますし。

では、まずは医薬部外品から始めてみたらどうでしょう。

これまで使ったことがないなら特にそう言えます。

 

例えば、厚生労働省の認可のある「ルルシア」ならもっとお安く試せます。

だって初回980円(30日分)ですから!

その後も定期コースの注文なら4980円(30日分)ですのでリアップより若干安いですし。

 

何と言っても効かなかった場合の返金保証もあるんです。

90日分(3本)までを定期コース注文の場合に限って返金対応してくれます。

3ヶ月程度使ってみて何の変化もないなら、全額返金してもらってチャラにできますよ!

 

しかも、毎回のお届けに内服用の育毛サプリメント(30日分)までいただけます。

これで、内側からも外側からもケアーできちゃいます。

 

医薬部外品であり、しかも天然成分を使用していますので頭皮にも優しい。

基本、無添加の安心して使える育毛剤です。

 

女性の薄毛のタイプは2種類あると言われています。

それに合わせてルルシアも2種類ありますよ。

最初に、簡単な1分もかからない診断を受けると自分に合ったルルシアが分かります。

 

LULUSIA-ルルシア-

女性用育毛剤LULUSIA〈ルルシア〉

スポンサーリンク

女性用育毛剤で医薬品ってどうなのか?【まとめ】

この記事でご理解いただけましたように女性用の育毛剤にも・・・

  1. 「医薬品」
  2. 「医薬部外品」

がありました。

「医薬品」は、効果がある程度期待できる反面、副作用の心配もあり十分な注意を払って使用する必要がありましたね。

それに対して、「医薬部外品」は効きは緩めですが、体に対する作用も心配なく、気軽に使ってみることのできる育毛剤です。

 

今まで、何種類もの育毛剤を試したきたという方は、最後にミノキシジル配合のリアップシリーズを試してみても良いかも!

しかし、これから育毛剤を始めてみようという方でしたら、まずは医薬部外品あたりからスタートするのが無難ではないかということになります。